※手術の写真を掲載しておりますので、
苦手な方はご注意ください。

膝蓋骨内方脱臼についてオンラインセミナーを行いました。
2020年10月29日にMTCとエレファントTV様との企画セミナーが獣医師向きにオンラインにて行われました。そこに当院院長の磯野が講師として講演を行いましたので、その内容を簡単にご説明したいと思います。


膝蓋骨は一般的に「膝のお皿」と言われていて、大腿骨の滑車溝と呼ばれる溝の上を滑走することによって膝関節の屈伸運動をスムーズにしている、いわば蝶番のような役割をしている骨になります。
この膝蓋骨が滑車溝から外れてしまうことを膝蓋骨脱臼と言い、内側に外れてしまう内方脱臼は小型犬に多く、外側に外れる外方脱臼は大型犬に多いと言われています。膝蓋骨脱臼の原因には外傷性と先天性がありますが、多くは先天性といわれており、その原因は溝が浅かったり、筋肉の配列が不均一であったり、大腿骨や脛骨といった骨の形が曲がっていたり、捻れていたりと、様々なことが関与していると言われています。しかし、未だはっきりとした原因はわかっていません。
症状は様々で、無症状から、ケンケンとした歩き方、たまに後ろ足を伸ばして伸びの姿勢をする、お姉さん座りをする、挙上(挙げてしまう)、ワニのようにがに股で歩く、など様々です。脱臼には重症度があり、シングルトンの重症度分類というものが一般的に用いられます。
膝蓋骨は蝶番のような役割をしています。
膝蓋骨脱臼の要因には様々なことが関与しており、未だにはっきりとした原因はわかっていません。
グレードⅠのCT画像になります。基本的には膝蓋骨は溝に収まっており、手で押すと外れるのがグレードⅠです。骨は比較的真っ直ぐで大きな異常はありません。
グレードⅡです。グレードⅠより高頻度に外れますが、基本的には収まっている状態です。
グレードⅢになると膝蓋骨は常に外れている状態で、手で戻せば収まりますが、話すとすぐに外れてしまいます。骨に捻れや湾曲がある場合が多いです。
グレードⅣになると膝蓋骨は常に外れていて手で戻すことも困難となります。多くは骨の変形を伴っています。また、歩き方に顕著な異常が出ます。
膝蓋骨内方脱臼の根本的な治療には外科手術が必要となります。
すべての膝蓋骨内方脱臼の症例に手術が必要というわけではありませんが、逆に症状がない症例も放っておくことで関節炎が始まったり、他の疾患を引き起こしたりすることがあるので、その適応はよく考える必要があります。
原因が様々であるため、一つの治療で絶対に良くなるという方法はなく、複数の術式を組み合わせることで再脱臼のリスクを減らすことが可能となります。
すべてを手術すればよいわけではなく、膝蓋骨内方脱臼のなかでも適応があると考えています。
ただし、放置しておくことで他の疾患を併発したり、手術が難しくなったり予後が悪くなることがあるので、治療のタイミングなどはよく考える必要があります。
上の画像は正常に近い滑車溝です。下が時間が経過した滑車溝です。溝はすり減り、関節炎を引き起こしてしまっています。ここまで来ると手術をしても、良化するのに時間が必要となります。
殆どの症例に適応となる滑車溝形成術です。コの字型に切り、中を削って戻すことで溝が深くなっているのがわかると思います。滑車溝形成術の中のブロックレセッションと呼ばれる術式です。
脛骨粗面転移術と呼ばれる術式です。脛骨が曲がっていたり、捻れている場合に行います。最近では挿入したピンは抜かなくてもよいと言われています。
内側への膝蓋骨脱臼が続くことで、内側の筋群が発達してしまうため、その一部を解放し、外側とのバランスを取る術式です。
実際の症例のレントゲン画像になります。左側が術前、右側が術後です。大腿骨から外れていた膝蓋骨(黄色丸)が大腿骨に乗っているのがわかります。また、骨のアライメント(骨の向き)も真っ直ぐになっているのがわかると思います。
それでは実際の患者様「ミミちゃん」のご紹介です

術前の動画です。

まずは特に悪かった左後肢のみ手術しています。右はまだ無治療のため、滑ってしまっていますが、左は真っ直ぐになり正常に近づいているのがわかると思います。


左の手術後に、右も手術を行った後の歩様動画となります。どちらもまっすぐな脚になり、最初のがに股歩きはなくなっているのがわかると思います。
術後経過観察のときのみみちゃんです。きれいな歩行とお座りができるようになり飼い主様もとても喜んでおられました。
このように早期に治療すれば抜糸が済む前に歩き出す子も多いです。歩き方がおかしかったり、突然どこかを痛がる、以前膝のことを指摘されたことがあるなど、不安なことがあればご相談ください。

執筆担当:獣医師 磯野
動物医療センター元麻布トップページ
港区元麻布3-1-34 カピラ麻布1F
TEL03-6384-5351